さまざまな試験

黒板と地球儀(ネットイメージ)

商品やその商品を作る際に用いられる機械などは、繰り返し変動荷重を受けることで破壊してしまいます。ある程度耐えることができるとされている荷重数字や時間など基準値を下回っていても、物質は破壊されることがあります。そのことを疲労といいます。疲労試験では、どの程度の力を加えたら疲労するのか、また、回数はどのくらいなのかを知ることができます。また、疲労試験によっては、あらゆる角度から荷重や衝撃をあたえ、全方位の安全性を試験します。曲げたり、ときには回転しながら曲げたり、とありとあらゆる衝撃を考慮した実験が繰り返し行なわれます。疲労試験の中には振動を用いた実験をするところもあります。疲労試験の標準的な手順などもあるため、さまざまな企業でこの疲労試験は利用されています。

疲労試験に用いられる機械にはいくつかの種類があります。接着剤の強度を調べるシステムや、自動車や航空機、車両などのエンジンやターボなどの疲労試験を行なうねじり専用のものなどもあります。中にはありとあらゆる温度や環境での疲労度合いを調べることができる試験機などもあります。これらは、システムのみ販売している業者があるため、そこで購入することができます。しかし、自分には使いこなせないという人や、自分でやるよりも専門の人に試験を依頼したいと考えている人は疲労試験を専門に行なっている業者に依頼すると適切です。専門の業者なら、ありとあらゆる商品や機械、物体に考えられる負荷や衝撃を考慮し、さまざまな角度から疲労を調べてくれます。そのため、自分で試験を行なうよりも専門の業者に依頼するほうが、より安全性の高い商品や機械を生み出すことができるといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加